2018.12.14

寒くなり、皮膚の乾燥が気になる時期になりました。

乾燥による”かゆみ”のためのケアを確認しましょう!

 

 

1.かゆみで困っていませんか?

乾燥による皮膚のかゆみ

 

当てはまる項目はありませんか?

 

  • 絆創膏や粘着テープ等の刺激でかゆみがある
  • 年を重ねるごとに皮膚がかさつくようになった
  • ウールの下着を着るとかゆい
  • 皮膚を洗ったあと、つっぱり感がある
  • お風呂できれいに洗ってもかゆい
  • こすれ・ずれの多い部分がざらつき、皮膚がむけている
  • かゆみが出てからイライラしやすくなった
  • 寝具やシーツに粉のような皮膚が落ちている
  • かゆみのためにぐっすりと眠れない
  • かゆくてかきむしってしまい、出血している

 

このようなときは、皮膚の環境を改善しましょう。

 

 

2.乾燥による”かゆみ”の原因

 

高齢者の皮膚の変化の特徴に、汗や皮脂の分泌の減少があります。

皮膚のもつバリア機能が低下し、乾燥が引き起こされます。

乾燥が強くなると、かゆみが生じやすくなるのです。

 

  1. 角層の脂質の減少
    脂質が減少すると皮膚が乾燥します
    脂質の量は、加齢とともに減少します
  2. ストーマ装具やテープ等、粘着剤の連続貼り付け・剥離
    粘着剤をはがす時の刺激などで、皮膚表面の角質が弱くなったり、はがれることがあります
  3. 外的要因
    紫外線、温度、湿度の変化、摩擦、ずれ、圧迫の刺激、ほこり、ゴミ、化学物質、刺激の強い石鹸、洗剤
  4. 内的要因
    病気などによる免疫力の低下、加齢による新陳代謝の低下、生活リズムの乱れ、ストレス…

 

乾燥による”かゆみ”の原因として、これらのことが考えられます。

 

 

3.スキンケアのポイント

健康な皮膚

乾燥や刺激から皮膚を守りましょう!

予防することは非常に大切です。

 

  1. 保湿剤を使う
    入浴後に保湿剤を塗布すると効果が上がります。
  2. 入浴
    熱すぎず、長すぎず、刺激の少ない洗浄剤で洗いましょう。
  3. 強くこすらない
    摩擦による皮膚ストレスは注意しましょう。
  4. むくみ
    特に皮膚が薄くなっています。
    泡石鹸で洗い、傷を作らないように工夫しましょう!
  5. 蒸れ
    リハビリパンツやおむつは蒸れやすいです。
    ふやけや汚れの刺激から皮膚を守るために、撥水性クリームなどを塗布して、皮膚を守ることが大切です。

 

皮膚の状態が悪いときは、かかりつけの先生に相談し、軟膏を処方していただきましょう。

ぼだいじ訪問看護ステーション

カテゴリ

事業所一覧

ピスガこうせい

湖南市 菩提寺エリア

湖南市 菩提寺東エリア

湖南市 中央エリア

甲賀市エリア

近江ちいろば会 広報誌

「競輪補助事業」の補助を受けています


TOP

© 近江ちいろば会.