【 ぼだいじデイサービスセンターいこい 】

ぼだいじデイサービスセンターいこい

“ ご家庭での暮らしを考えた認知症ケアを提供 ”

地域の中にあって、家庭的な環境で、認知症があったとしても、
自分のしたいことや自分のことをできるだけ自分で行えるよう
ご本人とご家族に寄り添いながら自立支援を支えます。

事業所内メニュー

基本情報

ご利用料金

介護保険制度による自己負担分と、昼食等の費用を申し受けます。

詳しくは、担当のケアマネジャーさん、当事業所までお問い合わせください。

 

いこいの10か条

ぼだいじデイサービスセンターいこいの10ヶ条

  • ご利用者・ご家族の思いや声を大切に、可能な限り実現できるように努めます。
  • 普段の生活を心がけて、これまで培ってこられた経験や知識を発揮していただける居場所をつくります。
  • お一人おひとりが活躍できる居場所を作れるように努力します。
  • ご利用者の個性が尊重される居場所作りをします。
  • 常に表情豊かに笑顔で接します。
  • こころを動かして下さる声かけを心がけます。
  • ご利用者の身体や心の変化に気付き素早く対応します。
  • ご利用者が不安を引き起こす一切の言葉や行為に注意します。
  • 守秘義務を徹底します。
  • ご利用者・ご家族からの希望や要望を即座に受け取り職員の力に変えます。

ブログ

この施設のブログ一覧をみる

施設紹介

窓が大きく明るいリビング食堂フロアで、
会話も弾みます。

落ちついた和室が3室あり、静かに過ごしたい方も、
離れのような使い方ができます。

高齢者でも、滑りにくい床と小さめの浴槽により、
自分の力で立上がりやすいパナソニックの浴室です。

“いこい”では、お仲間や職員と互いに声を掛けあい、助け合いながらコグニ体操、口腔体操などを行い身体機能を維持するとともに、調理プログラムを中心とした、生活機能支援プログラムを実施して、おひとりお一人にあった役割や楽しみとなるプログラムを提供させていただいています。

ご利用時間の延長、夕食のお弁当のお持ち帰りにも対応しています。

ご利用について

定員

21名

つどいCafé(湖南市認知症地域推進委託事業)

「つどいCafé」は、湖南市の認知症地域推進委託事業として、認知症の早期相談、早期対応できるよう、認知症地域推進員が運営をしています。認知症でなくても、地域の高齢者が気軽に集い、コーヒーやお茶を飲みながら、交流したり、ゲームやカラオケ、各種教室などを行っています。
介護職員が常駐しているので、認知症のお話をしたり、介護の相談や困りごとなどもお聞きしています。
お一人でもご友人とご一緒でも、誰でも利用して頂けます。送迎はございません。

【 開催日時 】
毎週金曜日13時30分から15時30分
【 開催場所 】
ぼだいじデイサービスセンターいこい 併設和室
【 利用料 】
100円(飲み物代)
  • つどいカフェ
  • つどいカフェ

地域の我が家(法人独自事業)

つどいCafé以外の平日は、つどいで使う和室を、地域の活動拠点として開放しています。
ご利用にあたっては、利用規約がございますので、デイサービスセンターいこい管理者までお問い合わせください。

アクセス・お問合せ

ぼだいじデイサービスセンターいこい

〒520-3247 滋賀県湖南市菩提寺東4-1-5
TEL:0748-74-3902 / FAX:0748-76-3905

お問合せ・ご見学はお気軽にご連絡ください 【担当:所長】

事業所一覧

ピスガこうせい

湖南市 菩提寺エリア

湖南市 菩提寺東エリア

湖南市 中央エリア

甲賀市エリア

近江ちいろば会 広報誌

「競輪補助事業」の補助を受けています


TOP

© 近江ちいろば会.