葉っぱのライン
ワーク・ライフ・バランス
葉っぱのライン


社会福祉法人 近江ちいろば会
一般事業主行動計画



基本方針 近江ちいろば会は、職員が育児休業等を取得しやすい環境整備を行うとともに、仕事と家庭の両立をしながら働きやすい職場風土改革を推進するために、次のように行動計画を策定します。

計画期間 平成27年4月1日 〜 平成32年3月31日までの 5年間

内容
目標1 妊娠中や出産後の女性労働者の健康を確保するため、制度の周知や情報提供及び相談体制の整備を行います。
   
(対策) 妊娠から職場復帰まで、「両立支援相談窓口」の担当者と定期的に面談し、制度の説明や職場環境について、サポート体制の強化を行います。

目標2


産前産後や育児休業に関する諸制度の周知を行います
   
(対策) (1) 当法人が作成した「両立支援制度 ガイドブック」を活用して、入社する職員に制度の説明と配布を行います。る諸制度の周知を行います。

  (2) 出産予定者には面談時に、育休申請書などの書類を配布して説明し、スムーズに休業、復職ができるよう対応します。

目標3


育児休業中の職員へ職場復帰しやすいよう、情報提供や面談を行います
   
(対策) (1) 育児休業中に法人内の機関紙や法人内研修等の資料を送付し、職務内容の変化等に適応できるよう、情報提供を行います。

  (2) 職場復帰前(お子様もご一緒可)と復帰後には面談を行い、休業のブランクによる不安などが解消できるようサポートします。

目標4


固定的な性別役割分担意識を是正するため、職員研修や資料の配布を行います
   
(対策) ジェンダーハラスメント等に関する資料を職員に配布して、労働に関する法律の改正点を周知するとともに、管理職会議では指導法等の研修を行います。

目標5


所定外労働を削減するため、ノー残業デーの取組みを強化します
   
(対策) (1) 職員よりノー残業デーに関する標語やイラストを集め、取組への意識を深めます。

  (2) 効率的な仕事ができるよう、現状を分析し業務改善を行います。

目標6


インターンシップ等の就業体験の機会を広く提供します
   
(対策) 当法人のホームページ等を活用して、インターンシップのスケジュールを掲載し、多くの方に周知できるようにします。


社会福祉法人 近江ちいろば会
理事長  森口 茂





参考資料 育児・介護休業取得者数

  2006年度
(平成18年度)
2007年度
(平成19年度)
2008年度
(平成20年度)
2009年度
(平成21年度)
育児休業 介護休業 育児休業 介護休業 育児休業 介護休業 育児休業 介護休業
正 職 員
非 常 勤

  2010年度
(平成22年度)
2011年度
(平成23年度)
2012年度
(平成24年度)
2013年度
(平成25年度)
育児休業 介護休業 育児休業 介護休業 育児休業 介護休業 育児休業 介護休業
正 職 員
非 常 勤

赤ちゃんの写真
  2014年度
(平成26年度)
2015年度
(平成27年度)
2016年度
(平成28年度)
育児休業 介護休業 育児休業 介護休業 育児休業 介護休業
正 職 員
非 常 勤




葉っぱのライン


(福)近江ちいろば会 トップページへ